2018.8.17-Summary|5通貨トレード

2018.8.17-Summary

2017.8.17ポンド円TOKYO-Summary

FOMC議事録を受けての円買いドル売りが継続

・FOMC議事録を受けての円買いドル売りが継続。ドル円は109.90まで、ポンド円は141.67まで下落。日経平均がプラス圏に浮上すると円売り戻しが入り、ドル円は110.10まで、ポンド円は141.87まで反発するも戻りは限定的。日経平均が再び下落すると円買いドル売りが加速。ドル円は109.66まで、ポンド円は141.51まで下落。一方でポンドドルもドル売りの流れから1.2907まで上昇。
・日経平均下落が一巡し再上昇すると、ドル円は109.95まで、ポンド円は141.87までショートカバーが入っています。

2017.8.17ポンド円LONDON-Summary

米10年債権利回りが上昇からドル買い

・英小売売上高の発表をに控えてポンドドルは1.2885を挟んで、ポンド円は141.70を挟んで揉み合い。
・米10年債権利回りが上昇するとドル円は110.20まで上昇。一方でポンドドルは英小売売上高の前月比が市場予想を上回ると1.2902まで、ポンド円は141.97まで上昇。しかし前年比で市場予想を下回った事で買いも一時的。その後は米10年債権利回り上昇からのドル買いで1.2850まで下落。ポンド円も連動し141.53まで下落となっています。

2017.8.17ポンド円NY-Summary

ダウ平均大幅安

・コーン米NEC委員長が辞任するとの噂が伝わるとダウ平均下落や米10年債権利回り低下から円買いドル売りが進行。ドル円は109.63まで、ポンド円は141.35まで下落。一方でポンドドルもドル売りの流れから1.2897まで上昇。その後、米ホワイトハウスがコーン米NEC委員長が辞任の噂を否定すると、ドル円は110.04まで、ポンド円は141.74まで反発。
・しかし、ダウ平均の下落幅が270ドル超安まで拡大。更に米10年債権利回りも低下幅を拡大。円買いドル売りが進行しドル円は109.44まで、ポンド円は140.86まで下落となっています。

2017.08.18 | このブログの読者になる更新情報をチェックする
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 5通貨トレード All Rights Reserved.